バイト 東京エリア 体験談

東京エリアのバイト体験談(飲食店・アミューズメント・アパレル)

アルバイト体験談をバイト探しのご参考に。《東京エリア》での体験談。(飲食店・アミューズメント・アパレル)短期や期間限定で家庭教師なども人気の高いバイト職種です。

 

東京で職種の違う3つバイトを短期で経験
大学生在学の間に、2種類のアルバイトを経験しました。一つ目(最初のバイト)は、東京の武蔵野市内のテイクアウトの寿司店でレジのバイトです。シフトは夕方から閉店までの約4時間程で、週2-3回でした。

 

基本、夕方以降は、板前のおじさんとレジ担当のアルバイトの二人きりの体制でしたので、少人数制が苦手な方には向かないと思います。レジ締め(売上計算)も行うので、責任感が必要でした。板前のおじさんとは和気あいあいと仕事ができたのでよかったですが、1回に入れる時間が短いことがネックで1年半で辞めました。

 

 

2つ目に経験したのが、東京ドームでスタッフとして働くバイト業務です。お客さんの入場時にチケットもぎりやジャイアンツのファンクラブ会員への来場ポイント付け等、その日によって振り分けられる業務を行いました。同年代のアルバイトが多く、月1か2回程度でしたが、空いた時間に入れられるのがよかったです。運営会社への登録制システムで、給料日払いも可能でしたよ。

 

意外と拘束時間が長く、ナイターでも14時頃の集合でした。大変だったことは、野球の延長により、思わぬ残業になることがあることが点でした。ちなみにバイト中、野球の試合はほぼ観れません。大学3年から御茶ノ水キャンパスだったので通勤が楽で交通費も助かりました。

 

 

3つ目は、下北沢の駅近くにあるファッションビルで、ティーンズ向けアパレルショップでした。接客やレジや、洋服を畳みなおしたりすることが主な業務でしたが、クレジットカードの対応やクレーム対応、万引き防止チェック等もあったので、このバイトが一番複雑で難しい仕事だと思います。基本2人体制でしたので、一人が休憩中は緊張感がありました。しかし自分がコーディネートしたマネキンが店に置かれることや、洋服が20%引きで買えることは嬉しかったですね。(26歳/医療系勤務)

 

→女性ですので人気のアルバイトが多くこなしてますね。定期の仕事のいいですが、スケジュールのない日は、単発で日払いの仕事と計画的に入れていくと、もっと金銭的に楽に生活できると思いますね。

 

 

高校生を教えた経験(講師のアルバイト)
大学生の時は色々なバイトをしましたが、中でも遣り甲斐があったのは家庭教師でした。何人かの生徒を受け持ったのですがその中でも、ある高校生を教えたことが、自分の中で一番の思い出になっています。

 

その高校生は東京の池袋に住んでいた女の子で、月給は1回2時間を月8回で2万円でした。ある私立の高校に小さい頃から通っていましたが、上の大学へ進めるかどうか危ういので家庭教師を付けたようでした。お父様が当時私が通っていた大学出身の方だったので、私にもよく声を掛けて下さり、お宅へ伺うのは気分的にも楽でした。

 

女の子はあまりしゃべらない子でしたが、慣れて来るに従って心を開いて勉強もどんどん進むようになりました。私も小学生を教えていた頃より、自分の専門に近いことを勉強している子ですし、言葉遣いや教え方もほぼ同年代と考えて良かったので、教え甲斐がありました。

 

こちらも高校を卒業して2,3年でしたから、まだ習ったことを覚えていますし、先生が試験で出される問題も検討が付きます。また、彼女に聞かれてわからないことは、「次回までに研究室で調べてくるから」と正直に言いました。

 

 

でも、彼女は上の大学へは行けませんでした。私はすごく責任を感じましたが、ここは前を向いて、今度は受験勉強への切り替えでした。過去問題を解き、間違えた所は徹底的に覚えるまで何度も復習しました。幸い、彼女は自分が行きたかった大学に見事合格し、私は本当に胸をなでおろしました。彼女を教えたことは、私自身も成長させてくれました。

 

→豊島区池袋とは、良いところにお住まいのご家庭ですね。今の相場でいえば、もっと報酬を貰ってもおかしくないです。ただ、生徒のレベルや講師役のスキルにもより段階があるようです。

 

 

≫≫ 東京(関東)エリアでバイト探しならこちら。